美肌に関する情報が満載!

気づいてくれるかな、私のネイル

ベタ塗りネイルのコツ

海外ではデザインを凝らしたものより、ベタ塗りのネイルが流行っています。
しかしベタ塗りは色むらができやすいので、いくつかのコツを押さえる必要があります。
まずネイルを始める前の爪ですが、油分や汚れがあると凹凸ができ、剥がれやすいです。
コットンや綿棒にリムーバーを付けて爪表面を磨きます。
ベースコートを塗ると爪の変色を防げます。
ネイルカラーを使う時は、その量に注意します。
ハケを瓶のフチに付けて余分なマニキュアを落とします。
ハケの先半分にマニキュアが残っていれば十分です。
塗る順番は中央から両端、さらに中央です。
繰り返して塗るとムラになりやすいので、手際よく行います。
根元を1mm空けると剥がれにくいです。
爪の先は物に触れやすいので、丁寧に塗ります。
そしてトップコートを仕上げに塗れば、艶のある指先になります。
もしまっすぐ塗るのが難しい場合は、薄いピンクやベージュなど、爪の周りと似た色を選択します。
少し爪からはみ出ても違和感がありません。
マニキュアの乾きをよくするためには、氷水を準備します。
爪を2~3分間自然乾燥させて、氷水に3分間浸すと完全に乾きます。
中途半端に乾かすとトップコートでよれることがあるので、しっかり乾かします。

ネイルアートとは

ネイルアートで、爪をカラフルにしたり、さまざまなデザインの模様を描いたりすることができます。
ネイルアートは、自分ですることもできますし、サロンなどでしてもらうこともできます。
サロンでは、さまざまなカラーやパーツを使って、実に数多くのデザインをしてもらうことができます。
パーティーなどの時にサロンで描いてもらえば、装いが一層華やかになります。
爪が短いからやったことがないという人は、つけ爪などを利用すれば楽しむことができます。
ネイルサロンでは、爪を健康に、美しく保つためのケアなども行っています。
爪切りや表面を滑らかにするケア、あるいは特殊なケアオイルなどを使用します。
爪のケアは自宅でもすることができます。
健康な爪にすることで、ネイルアートなどもいっそう栄えるようになります。
最近では、長持ちするジェルネイルという方法も人気があります。
これは、専用のジェルを爪に塗り、それをUVライトに当てることによって硬化させるという方法です。
マニキュアに比べて剥がれにくく、仕上がりにツヤがあるのが特徴です。
マニキュアのリムーバーでは落とせないので、削って落とします。
サロンなどでは落とす作業も行ってくれるので安心です。

注目サイト

船橋 外壁塗装
http://www.xn--rms9i4iw7ojyrf17amuj.net/
佐鳴予備校について
https://www.lepton.co.jp/class/159022
スノボツアー 格安
http://www.f-m-t.co.jp/ski/

Last update:2017/4/11